スポンサーサイト

Posted by 桜埜春佑 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DS版クロノトリガー日記①

Posted by 桜埜春佑 on 09.2011 ゲーム攻略日誌 0 comments 0 trackback
 久しぶりの更新です。突然ですがDS版のクロノトリガーを購入しました。このゲームは「ドラゴンボール」や「ドラゴンクエスト」でおなじみの鳥山明さんがキャラクターデザインを手がけています。平成7年にスーパーファミコンに発売され、4年後の平成11年にはプレステでリメイクし、さらに9年後の平成20年にはDSで登場、そして、さらにはウィキペディアによると今年平成23年には携帯電話のゲームになるらしいです。3度のわたってリメイクされる所を見るとこのゲームがいかに人気があるというのが分かります。
 
 さて、話は戻って攻略日誌です。本来ならちょっとずつ更新していきますが、購入したのは約2週間前であるためかなり進んでしまいました。そのためこれまでの経過をちょっとずつ更新していきたいと思います。

 それでは経過発表です。母親と静かに暮らす主人公の少年クロノは町の広場で行なわれているお祭りで一人の少女に出会います。ひょんなことからその少女マールと祭りをまわることになりました。この祭りではクロノの幼なじみルッカが父親と一緒に発明した時空を移動するマシンのお披露目をしていました。ところが、そこへ事件発生。その実験に付き合ったマールが時空の挟間から帰ってこないのです。原因は彼女が身につけていたペンダントにありました。クロノはそのペンダントを手にして、マールを連れて帰るために時空の挟間に飛び込みます。

 そして、たどり着いたのはこの世界における現代A.D.1000年から400年前A.D.600年の世界…この世界では中世です。しかし、この時代では王国と魔王軍の戦争の真っ最中で、王妃が魔王軍によって誘拐されていました。ところが、その王妃が突然帰ってきたのです。ですが、それはこの時代に飛ばされたマールで、単なる人違いでここにいるらしいです。どうやら夫である国王でさえも間違えるほどそっくりなようです。ところが、クロノの後を追ってきたルッカによって衝撃的な二つの事実を知ることになります。一つ目はじつはマールは現代のこの国の王女でした。もう一つはじつは未だ誘拐されている本物の王妃はマールの先祖でした。魔王軍が彼女の命を奪えば子孫であるマールもこの世から消えてしまうのです。こうしていったんマールを城に残し、王妃奪還になります。

 まず一番怪しかったのは、城から少し離れた所になる教会でした。ここにいる尼さんたちはどこか挙動不審でいかにも怪しかったので、調べてみると案の定魔王軍の手先でした。そこに現れたのは同じく王妃を救出に来たカエルの顔をした剣士カエル(こっちはキャラクター名)でした。彼と協力し教会内の敵のアジトに乗り込みます。

 そして、いよいよ首謀者である偽大臣との戦いになります。苦戦をしつつも何とか勝利をしました。無事に王妃を城に帰すことに成功しますが、敵に王妃誘拐を許してしまったカエルは責任を感じたのか「俺は城を出る」と言って城から去ってしまいました。城を去ったカエルのことも気になりますが、クロノたちはいったん現代に帰ることになります。

 …と、いった所で今回はここまでです。2週間の間に奥深くまで進みましたが、今この日誌を書いているのが夜なのでいったんここまでで終わろうと思います。さて、このゲームで書きたい事はまだまだあります。次の日誌に続きます。

クロノ・トリガー(特典なし)クロノ・トリガー(特典なし)
(2008/11/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ポケモンブラック攻略日誌⑥

Posted by 桜埜春佑 on 12.2010 ゲーム攻略日誌 0 comments 0 trackback
ポケットモンスター ブラックポケットモンスター ブラック
(2010/09/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る
今回はエンディング後のお話です。

プラズマ団との決戦に勝利し、彼らの野望を打ち砕いた主人公はポケモンリーグも現在休業中であるため一旦実家に戻ることにしました。そこに思わぬお客が訪ねて来ました。それは国際捜査官の「ハンサム」でした。彼はすごい釣りざおをくれました。しかし、彼の目的は釣りざおをプレゼントすることだけはありませんでした。じつはハンサムは散り散りに逃走したゲーチス以外の6人の七賢人の行方を捜していて、主人公に協力を依頼します。当然引き受けました。しかし、ここで信じられない事実を知ることになります。それはチャンピオンと男ライバルが不意をつかれてゲーチスを逃がしてしまったことです。不安を抱きつつ6人の七賢人を捜すことになります。

6人の賢人たちは色んな場所に隠れていました。一度行った場所でも新たな部屋が増えていたりポケモンの技を使わなければ進めない場所。6人ともかなり難しい所に隠れていました。しかし、六人全員に共通した行動が見られました。それは抵抗することなく技マシンを渡して大人しく自首したことです。6人ともこれ以上逃げ回ることが無駄なことだと気付いたようです。すると、六人目を捕まえたハンサムはあることを教えてくれます。それはNらしき人物を目撃したということです。

…と、行った所で今回は終わりです。Nの動向も気になりますが、今はチャンピオンに挑むための精進です。チャンピオンに勝つには前回よりもさらに強くなった四天王に勝つしかありません。なんと、対抗するために必要なレベルは最低でも70ぐらいは要ると思います。現在スローペースではありますが、レベル上げに専念しています。では、また次回!!

ポケモンブラック攻略日誌⑤

Posted by 桜埜春佑 on 10.2010 ゲーム攻略日誌 0 comments 0 trackback
 前回は8件目のジム戦に勝利した所で終わった前回。今回は8つのジムバッジを入手し、ポケモンリーグ出場資格を得た所からスタートします。

 10番道路を通り、8つのジムバッジが無ければに通ることができない8つの門をくぐりいよいよチャンピオンロードを通ることになりました。10番道路でもこのチャンピオンロードでも数多くいる強いトレーナーたちが行く手を阻みます。そして、それを突破するといよいよポケモンリーグです。

 チャンピオンロードを抜けると今度は四天王たちが立ちふさがります。今まででは戦う順番は決まっていたのですが、今回では戦う順番を選ぶことができます。彼らはそれぞれゴースト、悪、格闘、エスパーの4つのタイプのポケモンを使ってきます。4人とも強かったですが、その中でも一番苦戦したのは最後に戦ったエスパータイプでした。

 四天王を倒し、いよいよチャンピオンに挑戦…と、思いきやその先にはチャンピオンを倒したNの姿がありました。彼は伝説のポケモン「ゼクロム」を従えて主人公に最後の戦いを挑みます。そして、プラズマ団の城を出現させてそこで最後の戦いを挑もうと言うのです。
 
 Nが待つプラズマ団の城に乗り込みます。各地のジムリーダーたちも主人公を助けるために応援に駆けつけました。そして、Nとの最終決戦。しかし、彼はゼクロムを従えている自分に対抗するためには主人公が相反するポケモン「レシラム」を従えてなければいけないと言っていました。それができていなかったことに落胆されてしまいます。と、その時ライトストーンが何かの反応をしました。それはレシラムが現れた証拠でした。主人公の前に現れたレシラムは「私を捕まえてみろ」と主人公に対して挑戦状をたたきつけました。しかし、捕まえるとなると意外に難しく、何度も倒してしまいました。それでも何とかゲットしました。そして、互いに伝説のポケモンを従えての最終決戦。互いに負けられない戦いになったことは言うまでもありません。この勝負には苦戦しつつも勝つことができました。

 ところが、話はこれだけでは終わりません。戦いの後、二人の前に現れたのは幹部のゲーチス。しかし、真の黒幕は彼。Nは彼の野望のためにただの形だけの首領にされていただけです。しかも、物語の最初の方で言っていた「ポケモンを解放する」というのはただの建て前、本当の野望は「ポケモンを支配する」だったのです。そして、ゲーチスもまた勝負を挑んできます。彼の手持ちの中で苦戦したのはドラゴンと悪のタイプを持つ「サザンドラ」。このポケモンは波乗りなどの強力な技を持っているため何度も全滅、書店で攻略本を買おうにも売っておらず、結局攻略サイトに頼ってようやく勝ちました。

 その後、ゲーチスはチャンピオンたちに連行されていきます。一方、プラズマ団の首領ではなくなったNは主人公に別れを告げるとゼクロムと共に何処かへ消え去ってしまいました。

 この後、エンディングになりました。どうやら殿堂入りを賭けたチャンピオンとの戦いはエンディングの後のようです。今までは殿堂入りをすればエンディングだったので、これは新鮮でした。

 今回は四天王を倒し、プラズマ団やNとの決着をつけたところで終わりました。この後殿堂入りができるのか、それはまだ判りません。それではまた次回のお楽しみに!!

ドラクエⅥ攻略日誌①

Posted by 桜埜春佑 on 23.2010 ゲーム攻略日誌 0 comments 0 trackback
 ドラクエⅣが一段落着いたので、今回からはⅥの攻略日誌をやっていきたいと思います。

 物語は唐突に主人公が二人の仲間と共に魔王ムドーに挑む所から始まります。しかし、なぜ始まっていきなり魔王に戦いを挑むのかそれは今のところ謎です。ですが、ムドーの強さは歴然の差…あっさり返り討ちに遭い三人は石人形にされてしまいます。と、その時場面が変わります。ある青年がベットから落ちて妹に起こされていました。この青年が主人公です。物語は村祭りの準備のために主人公がお使いをするところから始まります。村祭りで使う冠を買うためにマルシェの町にいる職人を訪ねますが、何日も帰っていませんでした。その職人はマルシェから少し離れた場所の崖で落ちそうになっていました。助ける主人公ですが、代わりに落ちてしまいます。気がつくと、体が透けていて幽霊のようになっていました。通りかかる人たちも主人公に気付きません。しかし、トルッカの町から少し離れた小屋にある井戸に入ると元の世界に戻っていました。この現象は一体なんだったのでしょうか?でも、なんとかマルシェに戻り冠を貰うと村祭りが始まります。しかし、主人公は旅に出る決心をします。

 最初に訪れたのはレイドック城。ここでは兵士の採用試験が行なわれていました。また、ここでは最初の仲間「ハッサン」と出会いますが、この段階ではまだ採用権利を争うライバルです。その採用試験とは「試練の塔」である物を取ってくることです。それがなんなのか教えてもらえず、万が一はずれを持ってきてもだめだそうです。結果はハッサンに負けて不採用でした。しかし、城の老人のために馬車を引くための馬を持ってくる仕事を頼まれた際にハッサンは仲間になってくれました。二人で協力して馬をゲットしました。この活躍によって主人公も兵士に採用されます。二人はどこかにあると言われる「ラーの鏡」を取ってくる命を受けます。

 しかし、その途中またもあの謎の世界に迷い込みます。やはり周りに人々には二人の姿が見えていませんでした。二人は誰にも存在が気付かれないままサンマリーノの町に辿りつきます。ところが、この街の町長の屋敷で働くメイドが冤罪事件に巻き込まれました。町長の息子と恋仲にありましたが、それを良く思わない恋敵に罪を擦り付けられたのです。主人公たちも真犯人が判っているのに誰にも存在を知られないことで告発することができず歯痒い思いをしていました。と、その時ある女性に出会います。なんと、その女性には二人の姿が見えていました。その女性によると「夢見のしずく」を手に入れれば周りの人たちにも姿が見えるようになるといいます。それをゲットすると本当に姿が見えるようになりました。そして、夢見のしずくのことを教えてくれた女性「ミレーユ」が仲間に加わります。しかし、時既に遅く冤罪は証明されたのですがメイドさんは町を追い出されてしまいました。町長の息子は彼女を連れ帰るべく町を出ました。それにしても最初に仲間になったハッサンと今回仲間になったミレーユ…主人公が見た夢の中にも出てきました。これはなにを意味しているのでしょうか?ですが、ここである情報を聞きますそれはこの世界でもレイドック城があることです。船に乗ってレイドック城に向かいます。

 そして、レイドック城に着いたのですが、こっちのレイドック城では国王と王妃が深い眠りに入ってしまっていました。しかし、王妃が寝言で「鏡」と言っていたことでこの近くにラーの鏡があることを知ります。ですが、国王と王妃が目覚めなければ国民はますます不安になるばかりです。そこでその手がかりがあると言われるアモールの町に行くことになります。ところが、宿には泊まれず教会で下働きをするおばあさんの世話になります。ところが、目を覚ますとおばあさんの姿はなく、街の水が血のように赤く染まる事件が発生します。それは盗賊の男女二人組が原因であることがわかりました。ですが、その二人組のうち女性の方の名前はあのおばあさんと同じ名前でした。これまた謎が増えました。二人は町から少し離れた洞窟にいると聞きます。その洞窟では一人の女性がいました。「私が彼を殺した」とうわ言のように言い続けるその女性こそが盗賊二人組のうちの一人でした。言葉の通り相棒を殺してしまったようです。しかし、相棒は死んでなどはいませんでした。奥にいる魔物と戦っていたのです。ケガを追った彼の代わりに魔物を倒して男性を相棒の女性の元に帰してあげます。すると、二人はお礼として「鏡の鍵」というアイテムをくれました。

 そして、月鏡の塔に向かいます。しかし、そこでは先客がいました。少し前までの主人公たちと同じく自分の存在が誰にも気付かれない体が半透明な女の子です。もちろん主人公たちには姿が見えています。すぐに体が他人に見えるようにしてあげます。その女の子の名前は「バーバラ」。彼女を仲間に入れて塔の仕掛けを解くとやっとラーの鏡を入手することができました。

 ですが、こっちのレイドック城ではラーの鏡を必要としていません。…となれば表の世界のレイドック城に届ければいい事になります。表の世界のレイドック城で国王に鏡を届けると、その国王に異変が起こります。なんと、女性の姿になったのです。それは裏の世界のレイドック城で眠っていた王妃その人でした。

 王妃は「夫は魔王ムドーとして君臨している」と謎めいた言葉を言いました。その言葉を信じてムドーこと国王がいると思われる「地底魔城」に乗り込みます。そこで魔王ムドーと戦います。勝利してみて驚きました。王妃の言葉どおり魔王の正体は国王だったのです。ですが、彼は操られていたようでした。国王を助けると今度は旅で船が必要になってきます。船はゲントという一族が持っているようです。その船があると思われるゲントの村の村長に頼みますが、断られてしまいます。しかし、長老の孫チャモロは「船を貸して彼らを助けなさい」という天の声(?)を聴き主人公たちに船を貸します。

 と、いったところで今回は終わります。初回で長々と書いてしまいましたが、これでも覚えている範囲だけを書きました。つまり半分おぼろげです。しかし、今回これを書く前に主人公のレベルを15まで上げてしまいました。さて、続きはまた次回です。お楽しみに!!

ポケモンブラック攻略日誌④

Posted by 桜埜春佑 on 23.2010 ゲーム攻略日誌 0 comments 0 trackback
 現在獲得したバッジの数は8個中5個。今回は6件目のジムに挑む所からスタートします。

 6件目のジムがあるのはフキヨセシティ。ここはポケモンシリーズではきっと初めてだと思われる空港がある街です。しかし、ジム戦に挑むには街から少し離れた所にあるタワーオブへブンという塔にいるジムリーダーに会わなくてはなりません。強力なトレーナーたちを倒してジムリーダーに会うことができました。このジムリーダーは空港がある街のジムリーダーらしく鳥タイプで挑んできました。しかし、事前にゲットしていた電気タイプのゼブライカの活躍(…と言うか独壇場)で見事に勝利しました。ありがとうゼブライカ!!

 続いて7件目です。そのジムがあるのはネジ山を越えた先にある街セッカシティです。都会の街が多い今作品では珍しくこの街は自然が豊かでビルなどはあまり見かけませんでした。ここにいる7人目のジムリーダーが使うポケモンは氷タイプ中心でした。しかし、最初に手に入れた炎タイプのポカブが最終進化したエンブオーの活躍で7件目のジム戦も勝利しました。ありがとうエンブオー!!しかし、彼は他のポケモンに比べてレベルがずば抜けてしまっています。これでポケモンリーグは大丈夫なのか正直不安です。しかし、この街でのお話はこれだけでは終わりません。プラズマ団が街から少し離れた所にあるリュウセイランの塔に侵入したのです。追っ払いましたが、今度は古代の城でプラズマ団が現れ追っ払います。その後、シッポウシティのジムリーダーがライトストーンをくれます。主人公だったら安心して預けることができるだそうです。

 そして、いよいよ8件目のジム戦です。そのジムがあるのはソウリュウシティです。このジムのリーダーはドラゴンタイプの使い手でした。ドラゴンタイプ…その言葉を聞いただけでも「これまでよりかはずば抜けて強そうだ」と感じました。その通りでした強かったです。ですが、何とか勝利しました。こうして8件のジム全て制覇しました。

 そして、ここからが正念場…ポケモンリーグへの挑戦です。四天王…チャンピオン…そして、そのチャンピオンの座を奪おうとするN…ジムを全て回っても強敵はまだまだいます。続きは次回に持越しです。それでは次回をお楽しみに!!
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。