FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by 桜埜春佑 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンブラック攻略日誌⑤

Posted by 桜埜春佑 on 10.2010 ゲーム攻略日誌 0 comments 0 trackback
 前回は8件目のジム戦に勝利した所で終わった前回。今回は8つのジムバッジを入手し、ポケモンリーグ出場資格を得た所からスタートします。

 10番道路を通り、8つのジムバッジが無ければに通ることができない8つの門をくぐりいよいよチャンピオンロードを通ることになりました。10番道路でもこのチャンピオンロードでも数多くいる強いトレーナーたちが行く手を阻みます。そして、それを突破するといよいよポケモンリーグです。

 チャンピオンロードを抜けると今度は四天王たちが立ちふさがります。今まででは戦う順番は決まっていたのですが、今回では戦う順番を選ぶことができます。彼らはそれぞれゴースト、悪、格闘、エスパーの4つのタイプのポケモンを使ってきます。4人とも強かったですが、その中でも一番苦戦したのは最後に戦ったエスパータイプでした。

 四天王を倒し、いよいよチャンピオンに挑戦…と、思いきやその先にはチャンピオンを倒したNの姿がありました。彼は伝説のポケモン「ゼクロム」を従えて主人公に最後の戦いを挑みます。そして、プラズマ団の城を出現させてそこで最後の戦いを挑もうと言うのです。
 
 Nが待つプラズマ団の城に乗り込みます。各地のジムリーダーたちも主人公を助けるために応援に駆けつけました。そして、Nとの最終決戦。しかし、彼はゼクロムを従えている自分に対抗するためには主人公が相反するポケモン「レシラム」を従えてなければいけないと言っていました。それができていなかったことに落胆されてしまいます。と、その時ライトストーンが何かの反応をしました。それはレシラムが現れた証拠でした。主人公の前に現れたレシラムは「私を捕まえてみろ」と主人公に対して挑戦状をたたきつけました。しかし、捕まえるとなると意外に難しく、何度も倒してしまいました。それでも何とかゲットしました。そして、互いに伝説のポケモンを従えての最終決戦。互いに負けられない戦いになったことは言うまでもありません。この勝負には苦戦しつつも勝つことができました。

 ところが、話はこれだけでは終わりません。戦いの後、二人の前に現れたのは幹部のゲーチス。しかし、真の黒幕は彼。Nは彼の野望のためにただの形だけの首領にされていただけです。しかも、物語の最初の方で言っていた「ポケモンを解放する」というのはただの建て前、本当の野望は「ポケモンを支配する」だったのです。そして、ゲーチスもまた勝負を挑んできます。彼の手持ちの中で苦戦したのはドラゴンと悪のタイプを持つ「サザンドラ」。このポケモンは波乗りなどの強力な技を持っているため何度も全滅、書店で攻略本を買おうにも売っておらず、結局攻略サイトに頼ってようやく勝ちました。

 その後、ゲーチスはチャンピオンたちに連行されていきます。一方、プラズマ団の首領ではなくなったNは主人公に別れを告げるとゼクロムと共に何処かへ消え去ってしまいました。

 この後、エンディングになりました。どうやら殿堂入りを賭けたチャンピオンとの戦いはエンディングの後のようです。今までは殿堂入りをすればエンディングだったので、これは新鮮でした。

 今回は四天王を倒し、プラズマ団やNとの決着をつけたところで終わりました。この後殿堂入りができるのか、それはまだ判りません。それではまた次回のお楽しみに!!
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。